中古車を手放す時の注意点

中古車を手放す際や買取査定を依頼する際に注意しておきたいことは、車内や外装の清掃を念入りに行っておくことは勿論のこと、改造等を行っていないこと、事故車として係争中ではないことなどを明確にしておくことが先決です。

中には少しでも買取価格を上げたいがために計器類を交換して走行距離を隠ぺいする方もおられるようです。その他にも、ローン残債がある場合は完済しなければいけません。

また事故車であることが業者間で行われるカーオークションの中で判明してトラブルに発展したケースもあります。

点検記録簿や車の取扱説明書なども完備しておくと、法定点検を行っていることの証明にもつながります。

車検証は自動車を運転する際には必携書類になるので勿論そろっていなければなりません。
自動車税の支払い証明書・自賠責保険加入証明書もそろっていなければ買取をしてもらえないことも考慮しておきましょう。

またリコール該当車の場合はリコール修復済みであることも併せて証明できると買取業者は安心します。

トラブルに発展しやすいのが、オークション代行出品を依頼した際に代行保管料や委託料、成約手数料を請求されるケースです。

出品から落札までの期間が長くなった場合には保管料が高くついてしまうこともありますので結局は落札金額と相殺されて手元に残らなかったというケースもあるようです。

愛車が業者に渡るまでの陸送費や名義変更の際にかかる諸費用の負担なども関わってきますので、車を引き取ってもらう前に確認をして納得してから買い取りやオークション出品をすることをお勧めします。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved