車検残の査定への影響度は?

中古車販売会社などで販売されている中古車を見ると「車検たっぷり残」などといったPOPが窓に張られている場合があります。ここで考えられるのは、車検までの日数が残っていた方が中古車買取査定額に反映されるのではないか?というところです。

もちろん、車検までの日数が長く残っている車の方が次のユーザーになる方も車購入後の出費が少なくて済みますので、高く評価されます。

この反面、車検切れ間近の車は不利ともいいきれません。購入後3年~5年以内の車であれば高評価されますし、軽自動車であれば車検費用も少額で済みます。車検費用を上乗せして販売しても買い手がつく可能性が高いために、わざわざ車検を通してから手放す必要はありません。

車検残の日数よりも、走行距離が少ない車や型式が新しい車の方が高い査定がつきやすく、車検を通してしまったがために、車検費用のほかに支払い義務がある自賠責保険や重量税などの高い出費を強いられたのち、年式落ちで査定評価額ががっくり落ち込んでしまうという可能性も否めません。

むしろ、高い評価を得たいのであれば、12か月法定点検を受けたり、エンジンオイルをまめに交換するなど日頃のカーメンテナンスを怠らないようにしておくべきでしょう。

点検整備の履歴がしっかりあり、エンジンオイルやエレメントの交換をまめに行っておくことでエンジンの状態が良好であれば、車検残の日数以上に評価のポイントが上がります。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved