事故車の買取りは可能?

事故車という用語があります。自動車事故での損傷を受けたままの車(事故現状車)は勿論のこと、軽微な損傷で修復歴がある車も「事故車」扱いになります。

まず一般的に事故でダメージを受けたままの「事故現状車」の買い取りは基本的にNGの業者が多いと受け止めておきましょう。廃車手続きを取った方が安全である場合もあります。

ただし、部分的に損傷がなくレストア用パーツなどに回せる部分があったり、金属廃材として買取してもらえる場合などもあるため、事故車専門買取を行っている業者がありますので相談してみましょう。

また、諸外国では日本車を高く評価している国もあり、事故現状車でも修理をすれば乗用に差し支えない程度の場合は、修理を施して輸出されることもあります。ただ、輸出ルートをもっている取扱店は少ないために、こういったケースはまれであると考えるべきでしょう。過去に事故を起こしていても修復済みの車は買取可能です。その中でも車の骨格自体に全く影響がない車(バンパーやボンネットのみ交換でシャーシやフレームなどにまったくの影響がない場合)事故車としては扱われません。

ただし、いずれの場合も車を手放したことで買取専門店や次のオーナーになる方に不利益が生じる可能性がある車に関しては買取不可になる場合があります。

また自動車事故以外でも、災害等による冠水車や、川などに転落した経歴をもつ水没車などの買取・販売を行っている業者もありますので、だめもとで査定を依頼されることをお勧めします。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved