キズや凹みは修理すべき?

中古車の買取査定の際、新車同様の場合を100として査定士が評価をします。

そのため中古車となると大なり小なり傷はできてしまうので、なかなか高いポイントでの買取査定額が出ないのが常識です。

少しでも買取査定額を上げたい場合、コンパウンドで磨いて消える小さな傷に関しては補修した方が無難です。また洗車やワックスなどで少しでも車にツヤを出したりすることもお勧めします。

中古車の買取査定で気になるのが、大きな擦り傷や凹みになります。本来ならば板金修理をあらかじめ依頼してから買取査定を依頼するべきでしょう。

ですが、買取査定額に大きな変化がないのが本当のところです。むしろ修理期間中に相場が下がってしまったり、補修部品がなかなか入手できないなどのタイミングで、修理代を損してしまうことも考えられますので、大きな傷やへこみはそのままにしておいた方が無難ともいえます。

市販品の補修ペンなどで補修した際、仕上がりが不自然だとこれだけでも大きなマイナスになる場合があるので、手を加えるのはできるだけ避けます。勿論、自動車メーカーの保証範囲内で修理してもらえる場合などは修理してもらいましょう。

中古車販売会社で板金塗装などを施して整備した際の料金を上乗せして販売したり、傷を明示して訳あり納得価格で販売するなど、中古車販売会社としての戦略はいろいろありますので、あまり気にせず、査定に出してみましょう。

ただし、査定額の駆け引きの対象となってしまいがちなので、指摘された場合は認めることが大事ですが、自ら大きな傷に関してのアピールをすることは避けましょう。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved