純正・他社のパーツ査定

車のカスタマイズが趣味の方もいらっしゃいます。

純正部品からドレスアップパーツ・エアロパーツに付け替えした中古車を買取査定依頼する場合は注意が必要になります。

まず、車検不適合車など道路交通法に抵触したドレスアップパーツをつけた車は改造車とみなされ、修理や買取は不可となる場合があります。公道を走ることができないため商品として販売できないためです。

メーカーオプションなどで販売されている純正のカスタマイズパーツを使用している際は査定の際ポイントが高くつく場合があります。

ただし純正以外の他社製品のエアロパーツなどを使用している際は、一般の中古車買取専門店やカーディーラーなどでは敬遠されがちです。

中古車買い取りの査定を依頼する場合には、前もって純正のノーマルパーツに付け替えてから持ち込むことをお勧めします。

ただし、ドレスアップカー専門店・カスタマイズカー専門店などといった中古車販売店も存在しています。
VIPカーと位置づけられた車など取扱車種が限られてしまう場合がありますが、有名メーカーのエアロパーツ製品を使っていて、丁寧にパーツが取り付けられてあるカスタマイズカーに関しては高ポイントで査定してもらえる場合があります。

カスタマイズカーに関しては、何軒かの中古車買取専門店で見積査定を依頼することをお勧めします。

また純正パーツがお手元にある場合、先述のとおり、ノーマルの状態に戻したのち査定を依頼し、カスタマイズパーツのみをオークションに出品したり、ドレスアップカー買取専門店などに中古部品として買取を依頼する方が、予想以上の収入が見込める場合があります。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved