コンパクトカーの人気車種は?

現在、低燃費仕様のエコカーに匹敵するコンパクトカーも注目されています。

ハイブリッドカーなどはエコカー減税や助成金が交付されていてもまだまだ手を出せないとお考えの方が多数に上る中、家族が街中まで乗るだけであれば、コンパクトカーも力強い味方です。

今新車市場でも最も人気が高いのがトヨタの新型ヴィッツとスズキスイフトです。この二台はコンパクトカーが注目され始めてから不動の人気を勝ち得ており、中古車市場でも売れ筋ナンバーワンの車であるといえます。

登録年が新しく、排気量が大きいサイズの車種に関しては新車並の金額であることは否めませんが、3年程度経過した中古車であれば、1200cc程度のスタンダードモデルでも百万円台前半で購入できます。

ただ、ここで消費者として考えたいのが自動車税や取得税のことです。新車登録した場合や中古車を購入する際の諸費用が発生します。ヴィッツやスイフトはエコカー減税の対象に認定されており、新車取得する際の自動車取得税や重量税が最大七万円ほど軽減されます。

年に一回支払いが義務付けられる自動車税も一定の回数半額になります。中古車の場合でも新車登録時点の車検が残っていればこの制度が適用になるチャンスです。試乗車や展示のみで使われた新古車を狙ったりすると新車同様のクオリティーで税金も安く支払うことが可能になります。

気をつけたいのは減税対象期間が新車登録後3年間のみになり、中古車のリアガラスにエコカーを示すステッカーが貼ってあっても、登録年の関係で自動車税の優遇対象にならない車もありますので、中古車を購入する際に営業の方に確認するようにしましょう。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved