買取時の手続きに関して

中古車を手放す際には名義変更等の諸手続きが必要になります。この手続きを怠ると、愛車を手放した後になっても自動車税の請求が届くことも考えられますし、万一、新規ユーザーが事故や交通違反を起こした際に責任を負わせられる可能性も否めません。

大手の中古車買取専門業者であれば、必要書類などを詳しく指示してくれますので、そのとおりに従いましょう。

また書類を揃える以外の面倒な手続きは業者が代行してくれる場合がありますので安心です。印鑑証明書を必要とする場合があります。シャチハタ印以外の印鑑を住民登録がある市役所・役場へ持っていきあらかじめ手続きをとっておくと安心です。

また自動車税の納税証明書を紛失した場合は、軽自動車であれば市町村役場、乗用車であれば県税事務所へ依頼をすると再発行してもらえます。

業者によっては手続きを代行して行ってもらえるサービスがありますが、委任状を求められる場合があります。これも業者の説明をよく聞いたのち委任状の文面をしっかり読んでから署名等を行うことをお勧めします。

また少しでも不安に思う場合は、買取販売店の担当者から納得の行くまで話を聞き、手続きを行いましょう。行政書士に依頼することも一案ですが、こちらに関しては思わぬ費用がかかる場合がありますのであまりお勧めできません。

名義変更の際には、車検証の所有者欄を確認しましょう。ローン残債がある場合などに関しては所有者がリース会社やクレジット会社名義になっていることがほとんどです。ローンを完済したのちに所有権解除の手続きを行います。また車検証の住所欄が現時点での住民登録地と異なるときには前居住地の住民票の除籍票などが必要になります。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved