ボディカラーで査定額は違う?

ボディーカラーによって、中古車買取の際の査定額が変わります。

中古車買取査定で一番高く評価されるのは、その車種での人気色です。メーカーオプションなどの特別色などもこの部類に入ります。また、白・黒などは車種問わず高い人気があるために買取査定でも高評価を得られます。

白や黒の中古車の中でもパールホワイトなどのパール加工が施されている色ほど万人受けするためにポイントが高いといえるでしょう。

インターネットでの中古車販売情報などを見ると、同一車種の中でも人気色は高い販売金額を提示されている場合がほとんどですので分かりやすいでしょう。

逆に赤や緑、黄色などの原色系は車が持つイメージカラーとのマッチングがあれば人気色となりますが、実際ユーザーのニーズからしてみると、敬遠されがちな色でもあります。

また先述の「白」も営業車に近い車種イメージがあれば不人気色になってしまう場合があります。またファミリカーを意識したコンパクトカーやセダン車などでは、白・紺色・シルバーなどが人気が高い色になりますが、ランクル・クラウンなどのラグジュアリーな印象をもつ車であれば、ブラックなどが人気が高い色となります。

同一車種で、年式・走行距離が同等の2台の車を比べたと仮定します。

一台はその車種での人気色、もう一台は一般的なボディカラーです。この色が違うだけで、20万円近くの査定額の差がついてしまうこともあります。

人気色では、たとえ走行距離が多く、年式が古くても、市場に出した早い段階で買い手がつく可能性が高くなりますので、買取査定額が高くつくことがあります。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved