買取と下取りの違いとは?

今まで生活をともにしてきた愛車を手放して、新しい車に乗り換える際、これまでの愛車をどのように手放すかを考えられる方は多いでしょう。

廃車手続きをする方法もありますが、ほとんどの方が買い替えの際の元手として中古車の買取査定などを行って車を買い取ってもらうでしょう。

新車を購入する際には購入先の自動車ディーラーに下取りを依頼する方法と、中古車買取専門店に査定を依頼する方法の二つの方法が挙げられます。

この買取専門店での自動車の買取査定と、自動車ディーラーとの下取りでは違いがあります。買取専門店では、中古車として整備点検ののち、商品として販売されます。人気車種や人気車体色、希少度に合わせて査定し、買取基本額に上乗せがあったりする訳です。

傷などがあっても程度にもよりますが、あまり査定には響くことがありません。

自動車販売ディーラーの下取りは、販売員が提示した金額と新車の購入金額から相殺する方法が一般的にとられています。他社メーカーの車でも下取りに応じてくれますが、査定額は中古車買取店より若干下回る場合もあります。

ディーラーでも系列の中古車取扱店で商品として販売する場合がほとんどです。

これまでの愛車を手放すにはどちらへ持ち込むのが有利なのかを考えた時、一長一短であることを念頭に入れた方がいいでしょう。

買取額は買取専門店の方が高額を提示してもらえる確率が高いですが、自動車ディーラーの上得意客であれば下取り金額にプラスして新車にディーラーオプションが無料または特価で付加される可能性があります。

このようなメリットがなければ、中古車買取店へ依頼した方が有利ですが、まずは合い見積を依頼することから始めて比較することが大切です。

 
Copyright © 2009 中古車査定の相場は?@査定士アドバイス. All rights reserved